スポーツジムのロッカーの鍵

###Site Name###

鍵は実にさまざまなところで出会っています。

1日を考えると、まず家を出るときに部屋の鍵をかけ、会社に向かい警備員室で会社の鍵を受け取り部屋に入り、帰宅する時に鍵は警備員室に返します。電車に乗り、帰宅地中にあるスポーツジムに立ち寄ると、ロッカーキーを受け取り、ロッカーで着替え、プールに向かうのが日課です。その日もらったロッカーキーの番号は69番でした。

しかしながら69番のロッカーを開けてみると、誰かの荷物が入っているのです。
不信に思い鍵をよく見ると、96番の間違いであることがわかりました。

96と書かれた番号を読み間違えていたのです。正しいロッカーに行き、着替えていると、ふと疑問が沸いたのです。

そう、なぜ96番のロッカーキーで69番のロッカーの扉が開いたのかと言う疑問です。
試しに隣である95番のロッカーを開けてみましたが、こちらはびくともしませんでした。

いつか、スーパーで買い物を終えて駐車場の車を出して帰宅中に、後部座席から赤ん坊の声が聞こえて驚いた主婦のことがニュースになっていました。
偶然同じ車種の車の鍵が開いてしまったことによる事故だったのですが、ロッカールームの鍵が他のロッカーキーで開いてしまっては、防犯上危険きわまりありません。

いくら会員制のスポーツクラブとはいえ、許されることではありません。水着に着替えていたのを、元の服装に着替えなおし、スポーツジムのフロントに向かったのです。スポーツジムの職員が言うには、鍵がバカになっているということで、違うロッカーに変更してもらいました。

その時、はじめて気がついたのですが、鍵穴ごと抜かれてしまっているロッカーが幾つもあるのです。
おそらく他のロッカーも同じような事故があったのでしょう。
いくつものロッカーが使用禁止となっているのです。

プールで泳いだ後、サウナ室で一連の事を常連客と話していると、やはり同様の経験をした客が何人かいるようだったのです。

http://www.tnb.or.jp/
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/
https://www.nikkeihr.co.jp/

地番検索の情報を要約した情報サイトです。

安心をコンセプトにした貿易事務の最新情報を公開しています。

妻の不倫で離婚に関して悩んだら、是非お試し下さい。



本当に役に立つ国際商標の情報を提供しているサイトです。